« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020/06/15

1990年春・九州一周の旅【6】5日ぶりの地上泊、3日ぶりの…

 前回の続き


 明けて3月29日、木曜日。目が覚めると列車は止まっている。すわ寝過ごしか、と飛び起きると、窓の外の駅名標には「西鹿児島」の文字。列車の終点なのだから寝過ごしようもないのだが、時計を見ると6時20分。到着してから5分を経過している。また車掌に起こされないでよかった、と安心しつつ、日豊本線国分行きの普通列車に乗り換え。予定では国分のひとつ手前、隼人で下車して肥薩線を往復することになっているが、ここでも容赦ない睡魔に襲われる。


 「お客さん、終点ですよ」の声とともに車掌に揺り起こされた私は、呆然と国分駅前に立った。またしても寝過ごしである。隼人から7時17分発の肥薩線吉松行きに乗る予定だったが当然間に合わず、次の列車は9時36分発。今日は後の行程に余裕があるからいいようなものの、ここ数か月来の苦心の行程がガタガタになるところだった。もっとも、3回の寝過ごしですでに修正に次ぐ修正を重ねているから、今更の感無きにしも非ずである。


 早朝から営業していた「うどん」の幟の立った喫茶店に入る。丸刈りのおじさんがひとりぼーっと座っており、私を見ると「うどんしかないよ。いいかね?」と聞く。他に選択肢がないのだから仕方がない。ありきたりのうどんで朝食をとり、食後にコーヒーを注文すると「インスタントですが」と馬鹿正直な言葉とともに薄いコーヒーが出てきた。不思議な喫茶店である。


 国分から1駅引き返し、隼人から吉松までの肥薩線を往復。水俣経由の海沿いの線路ができるまでは鹿児島本線だった路線だが、深い山間を走る。天気が良く、緑の木々の間から注ぎ込む太陽の光がとても爽快だったことを覚えている。隼人に戻り、ボックスシートがずらりと並ぶ急行型電車の快速「錦江3号」で西鹿児島へ引き返した。わずか1分の接続で、指宿枕崎線の快速「いぶすき3号」に乗り換える。


Ibusuki  鹿児島市交通局の路面電車が車窓に見え隠れし、ベッドタウン化が進んでいるらしい沿線を眺めながら、1時間足らずで指宿に到着した。今日の行程はここで終了。山川桟橋行きのバスに乗り、予約してある「圭屋ユースホステル」へ向かった。東村山以来5日ぶりの地上泊である。それよりなにより、汚い話だが3日前の宮崎以来風呂に入っていない。足の匂いも相当気になっている。疲れもたまっているし、このあたりで一度リセットしないと体がもたない。


 土産物屋の2階にあるユースホステルに荷物を置き、居合わせた先客の勧めで、近くにある「市営砂蒸し温泉」へ行く。現在は「砂楽」という名前に変わっているようだが健在。当時の入浴料は510円で、ロッカー代10円、タオル代100円が別にかかった。更衣室で素っ裸になって浴衣を身に着け、海岸へ出ると、簡単な屋根のかかった砂浜の一角に、がずらりと並んでいる。空いている場所に案内され、寝転がると、スコップを持ったばあさんが私の体の上に一心に砂をかけた。ははあ、これが砂かけ婆か、と感心するうちに、私の体は砂で覆われ、身動きがとれなくなった。


 体を覆った砂は熱く、サウナに放り込まれたようなあんばいである。体の奥から汗や老廃物が外に向かってじわじわと出ていく感覚がわかる。3分ほどもすると体全体が温まり、もういいか、という気分になるが、基本は10分程度というから、心の中で歌を歌いながらじっと時間の過ぎるのを待つ。
 額からたらりと汗が伝い落ちたのを見計らってむっくりと起き上がり、建物の中へ戻って浴衣の中まで砂まみれになった体を洗い流す。あとは洗い場で体を洗い、浴槽に浸かってまたゆっくり。3日分の汗を一気に洗い流す。


 この日のユースホステルには計16人の宿泊があった。当時のユースホステルは相部屋、禁酒、ミーティングありが基本で、今でいうゲストハウスに近いがもっとアットホームな空間だった。「ホステラー」と呼ばれる宿泊客はライダーや自転車(「チャリダー」などと呼ばれていた)が多く、鉄道旅行者はどちらかというと少数派だった。期待していたミーティングは、ホステラーの集まりがあまりよくなく、途中で自然分解のような形になったが、オレンジカードの見せあっこをしている鉄道派の若者を横目に、弓道経験者というペアレントさんからたっぷりと話を聞かせてもらった。


 ちなみにJRで来た人のことを何と呼ぶんですか、とライダーの皆さんに尋ねたところ、
じぇあらー」とのこと。なんだか間抜けな響きである。


 続きますが、私用により半月ほどお休みをいただきます。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

| | コメント (6)

2020/06/08

1990年春・九州一周の旅【5】寝過ごし連発で崩れる行程

 前回の続き。


 3月28日、2時14分に下り西鹿児島行き急行「かいもん」が熊本を出発。その2分後、2時16分に上り門司港行き「かいもん」が熊本に到着した。座席は半分強が埋まっており、先客に挨拶して腰を下ろす。その発車を待たずに私はあっという間に眠りこけたが、下車予定の鳥栖の手前で無事目が覚めた。4時51分着。5時35分発の久大本線普通列車に乗って日田を目指す。今日はこの後昼前に小倉へ入り、北九州市民球場でおこなわれる福岡ダイエーvsオリックスのオープン戦でも観戦しようかと思っている。ちなみに当時の私は、南海時代からのホークスファンである。


 雨がしとしとと降る窓の外を眺めるうち、うつらうつら、そのうちに本格的に睡魔が襲ってきた。久留米から久大本線に入ったはずだが、その先のことはほとんど覚えていない。
 ふと目が覚めると、ちょうどどこかの駅に停まったところだった。駅名標が見えた。「あまがせ」と書かれている。
 わずか数秒、私は考えて、それからやらかしたことに気付き、泡を食って列車から降りる。待つほどもなく上り久留米行きの普通列車が入ってきて、7時47分には日田へ戻ったのだが、乗車予定だった日田彦山線の列車は8分前に出発した後。次の列車は9時58分発で、2時間以上も開いている。


 無念の思いにかられつつ駅前を歩くうち、この時間から開店しているうどん屋を見つけた。「朝食・350円」という看板につられて入ると、どんぶり飯、みそ汁、玉子、漬物、魚のフライ、生野菜と満腹ラインナップ。食後にはコーヒーまでついた。
 なんとか時間をつぶして、9時58分発の日田彦山線快速「日田」に乗車。11時04分着の田川後藤寺で下車して新飯塚までの後藤寺線を往復する予定である。野球の試合には間に合いそうもないが、雨は降り続いており、おそらく中止になるだろう。


19900328 日田で買った文庫本と車窓に交互に目をやるうち、またしても瞼が重くなってきた。必死で耐えようと試みるが無情にも重力に逆らえなかった瞼は下へ落ち、次に気が付くと城野。本日2度目、通算3度目の寝過ごしである。やむなく小倉まで乗車し、L特急「にちりん18号」で博多に向かった。


 時刻表をひっくり返しながら再度行程を練り直し、13時36分発の篠栗線普通列車に乗る。終着の篠栗で後続の列車に乗り換え、14時59分に新飯塚着。15時20分発の普通列車で、予定とは逆方向から後藤寺線を往復する。筑豊炭田の面影を残す路線で、鉱山の大きな事業所が車窓に見える。乗客は少ない。


 新飯塚から篠栗線直通の普通列車に乗り、長者原で香椎線香椎行きに乗り換え。さらに香椎で西戸崎行き普通列車に乗り換える。「海の中道線」の愛称がついた路線は、雁ノ巣の先で砂浜の海岸のすぐわきまで出る。博多から1時間足らずの景色とは思えない。西戸崎から折り返し、香椎からL特急「にちりん42号」、博多でL特急「有明51号」と乗り継いで20時39分に熊本着。ここからさらに三角線を往復する。今だったら景色の見えない時間帯に初乗りなど考えられないが、当時は乗車距離を伸ばすことに貪欲だった。いずれもう一度乗り直したいと思いつつ、その機会のないまま現在に至っている。


 23時ちょうどに熊本へ戻り、1時52分にやって来る西鹿児島行き急行「かいもん」を待つ。0時で閉店となる喫茶店で時間をつぶし、駅前をうろうろしていると、客待ちをしていたタクシーの運転手が24時間営業のメシ屋の存在を教えてくれた。関西方面からの自転車サークルの団体で大混雑の店で相席させてもらい、小さくなってご飯と豚汁、それにおでんを腹に流し込む。


 昨日熊本で捨てた「かいもん」に再び乗り込む。これで「はやぶさ」以来4連続の夜行泊である。昨日から続く3度の寝過ごしは反省材料だが、若き日の有り余る体力と好奇心、それに限られた予算がホテルにもぐりこむことを許さない。幸運にも並びで開いていた座席を確保でき、背もたれを大きく倒すと私は即座に眠りに落ちた。熊本を発車したことすら記憶していない。


 続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

| | コメント (2)

2020/06/02

1990年春・九州一周の旅【4】北九州くるっと乗りつぶし

 前回の続き


1990a_20200601234401  当時の九州には博多と鹿児島を結ぶ夜行急行が2系統あった。熊本経由の「かいもん」、大分・宮崎経由の「日南」である。いずれも座席車・寝台車混成の客車急行で、自由席車は「周遊券」で使用できたから、金のない若者は九州旅行の宿代わりによく利用していた。書き忘れていたが、当然私が使っていた切符も「九州ワイド周遊券」である。名古屋市内発の「東京ミニ周遊券」と合わせ技である。
 この両列車は1993年3月のダイヤ改正で電車化され、座席車のみの特急「ドリームつばめ」「ドリームにちりん」となったが、前者は九州新幹線部分開業の2004年、後者は2011年に廃止となっている。


 22時45分、日向沓掛の暗いホームに「日南」が入って来た。厳密には、「日南」は宮崎-西鹿児島間は普通列車として運転されていたので、この時点では厳密には名無しの普通列車である。座席車は当時夜行急行でよく使用されていた12系客車だったが、ボックスシートのはずの座席はグリーン車並みのリクライニングシートに交換されており、指定席車の端にはお茶のサーバーまでついている。案に反して宮崎を過ぎてもガラガラだった車内でぐっすりと眠る。いや、眠りすぎた


 翌3月27日、目が覚めて時計を見ると6時30分。私の計画では6時11分着の折尾で下車して筑豊本線の列車に乗り換え、終着の原田でTKさんと合流する予定になっていた。見事な寝過ごしである。このまま直進して博多に向かってもTKさんとの待ち合わせに遅れることはないが、問題は筑豊本線の乗りつぶしである。特に本数の少ない桂川-原田間を乗り残すと後が厄介になる。悔やんでみたところで始まらない。「日南」は折尾を出ると博多まで停まらない。あきらめてもうひと眠りしたのであるが、今度は博多到着時に車掌に起こされるという恥ずかしい事態になった。


 博多7時30分発のL特急「ハイパー有明5号」に乗り、二日市で後続の普通列車に乗り換えて7時56分、原田着。私が乗るはずだった筑豊本線の列車を恨めしく出迎える。8時22分にやって来た普通電車でTKさんと合流し、鳥栖で長崎本線の電車に乗り換え。まだ発掘・整備が始まったばかりで櫓がぽつんと立つだけの吉野ケ里遺跡を右手に眺めながら佐賀に到着する。


 佐賀からは唐津線西唐津行きのディーゼルカーに乗り、山本で筑肥線に乗り換えて伊万里へ。いずれもキハ40系ディーゼルカーの2両編成である。現在、終焉の日を迎えつつある国鉄型ディーゼルカーだが、当時は全国的に現役バリバリだった。伊万里で昼食をとって折り返し、山本で再び乗り換えて西唐津、そこから筑肥線の電車で博多へ向かった。途中の姪浜から福岡市営地下鉄に乗り入れる。


 予定では博多の先は香椎線、篠栗線と乗り歩くことにしていたが、朝の粗相で乗り残した筑豊本線がどうしても気になり、TKさんと相談してそちらを優先することにした。博多から16時07分発の門司港行き快速電車に乗る。折尾で乗り換えて若松、そこで折り返して直方・原田方面へ、というのが王道だが、TKさんの勧めで折尾を素通りし、戸畑で下車した。


 戸畑と若松の間には若戸大橋という立派な橋が架かっているが、その下を北九州市営の渡船が運航されている。大判時刻表にも掲載されており、10~15分ごとの運航で、運賃は大人20円という安さ。戸畑駅北口から徒歩5分ほどの発着所から乗船すると、小ぶりな船内には座席がなく、吊り革のみである。自転車と一緒に乗っている客も目立つ。わずか4分で若松着。この航路は今も現役だが、運賃は大人100円に値上がりしている。


 若松の渡船発着所からJR若松駅へは徒歩10分ほど。17時54分発の筑豊本線439列車は、ディーゼル機関車が赤い50系客車を牽く「客車列車」。終点での折り返し時に機関車を付け替えなければならない手間もあり、国鉄末期からJR初期にかけて急速に減少していたが、筑豊本線では2001年に折尾-桂川間が電化されるまで現役だった。ガラガラの列車でボックスシートに足を伸ばしてくつろぐ。


19900327  直方で列車を1本落として夕食を調達し、後続の篠栗線経由博多行きディーゼルカーに乗車。そのまま乗り続けて自宅へ帰るTKさんにお礼を述べて桂川で下車し、50系客車の普通列車で寂しい山中を抜けて原田へ着いたのは20時38分。本日打ち止めでもいい時間だが、なにせ若かった。原田から博多、香椎で乗り換えて、香椎線の終点、宇美へ行き、篠栗線経由で博多に戻ったのが23時01分。ととめどなく走り回る。


 この日の宿もやはり夜行急行。今度は急行「かいもん」の自由席に乗った。朝の粗相があったにも関わらず立派な座席でぐっすりと眠る。それでも1時52分の熊本でしっかり目が覚めた。こんな深夜に降りてどうするんだ、と言われそうだが、ここで30分ほど待てば上り門司港行きの「かいもん」が到着する。当時の若い鉄道旅行者がよく使った「夜行返し」と呼ばれるもので、往復の夜行列車を乗り換えることで地上一泊分の効果がある。ワイド周遊券を持っていれば余計な出費もない。体力の有り余る青春時代ならではの行動であるが、さすがに3夜連続の車中泊は睡眠不足を露呈させ、以降、しばしばやらかすことになる


 続く。

 



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

| | コメント (8)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »