« 1990年春・九州一周の旅【8】九州横断・ふたつの観光列車 | トップページ | 1990年春・九州一周の旅【10】路面電車で長崎一日散歩 »

2020/08/24

1990年春・九州一周の旅【9】「オランダ村特急」とオランダ村

 前回の続き。


1990040101 1990040104  
 
 翌朝、赤間で下車した3人を見送って、7時12分着の終点、門司港まで乗車。重要文化財にもなっている1914年完成の風格ある駅舎だが、行き止まり式のホームに客の数は少なく、心なしか寂しい。ここから7時50分発の「オランダ村特急」に乗る。JR九州の観光車両の嚆矢である全面展望席付きのディーゼルカー4両編成の列車は、赤・白・青のトリコロールカラーをまとったおしゃれな車両である。この車両は今も現役で、この2年後に「ゆふいんの森」に転用された後、長崎→大分と渡り歩いて、現在は豊肥本線の特急「あそぼーい!」に使用されている。前日乗車した「SLあそBOY」の後身に当たる列車である。


1990040103 19900401  
 「オランダ村特急」はディーゼルカーだが、門司港~鳥栖間では電車特急「有明11号」と連結して走る。私が確保した1号車6番D席の前方、フリースペースの展望席の前には「有明」ののっぺりとした顔があって景色は見えない。ビュッフェの営業も博多からである。
 ガラ空きだった車内が一気に混んだのは博多から。私の席の前、5番にも私と同じ年頃の少女が座った。かと思うと、背もたれの向こうから少女の顔がにょっきりと現れ、「向かい合わせにしていいですか?」と言うなり私の答えも待たずに座席をくるりと回転させた


 人懐っこく話しかけてくる彼女は、千葉県から知り合いのユースホステルを訪ねて観光に来たというKSさん。今度高校2年だというから私のひとつ年下である。今日はオランダ村から長崎へ抜けるとのことで、私が佐世保に着いた後は夜に長崎に入るまでノープランだと言うと、半ば強引にオランダ村へ連れていかれる羽目になった
 10時57分着の早岐で下車し、8分後の西肥バスでオランダ村へ向かう。西海橋の渋滞につかまり、本来30分ほどで到着するオランダ村まで1時間半近くを要して、12時半過ぎ、ようやく到着した。


1990040111 1990040108  
 高い入場料を払って園内に入る。無数のチューリップが園内いたるところに色とりどりの花を開いており、すっかり春の装いである。赤いレンガ造りや、緑に塗られた三角屋根の建物など、これがオランダか、という印象である。立ち並ぶ建物はどれも土産物屋や飲食店になっており、お金のない私たちはただ眺めるばかりだった。私が実際にオランダを訪れて街並みを見るのはこれから18年後のことになるのだが、実際のアムステルダムは確かに同じような建物が並んでいたものの、もう少ししっとりとした印象を受けた。オランダ村の発展形として「ハウステンボス」がオープンするのは1992年のことである。


 ぐるりとひと回りしてしまえば特にすることもなくなり、14時半過ぎに私たちはオランダ村を出た。長崎行きのバスに乗るKSさんと別れて佐世保行きのバスに乗ろうとすると「長崎に行くんでしょ?バスの方が早いじゃん」」と執拗に同行を求められたが、この一連の流れにより、佐世保線・早岐~佐世保間を乗り残したままとなっており、片付けておかないことには具合が悪い。とは言ってもこの話が鉄道に興味のないKSさんに正しく通じるとは思えず、適当な理由を付けて私は佐世保行きのバスに乗った。KSさんはご不満の様子であった。


 続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 1990年春・九州一周の旅【8】九州横断・ふたつの観光列車 | トップページ | 1990年春・九州一周の旅【10】路面電車で長崎一日散歩 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1990年春・九州一周の旅【8】九州横断・ふたつの観光列車 | トップページ | 1990年春・九州一周の旅【10】路面電車で長崎一日散歩 »