« コロナ下のJR北海道【1】 | トップページ | 1990年春・九州一周の旅【12】都井岬と日南海岸 »

2020/10/05

1990年春・九州一周の旅【11】博多南線と太宰府天満宮

 2012年2月のスタート以来のアクセス件数が50万件を突破しました。8年半、駄文にお付き合いいただきました皆様に感謝申し上げますとともに、今後とも変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。


 前回の続き。


1990040301  九州一周の旅、11日目の4月3日は、10時28分発のL特急「ハイパーかもめ14号」で長崎を後にした。当時のJR九州のエース、783系電車「ハイパーサルーン」で運用されるこの列車にはカフェテリアも連結されており、のちの「つばめ型」へ続く特急列車の設備改善の走りだった。「有明」用と異なり前面に入った水色の帯が特別な印象を与える。
 浦上と喜々津の間で二股に分かれる長崎本線のメインルート、市布経由の線路を走って、12時18分博多着。JR九州は全線完乗となったが、もうひとつ乗っておくべきJR線がある。博多南線である。


 この2日前、4月1日に開業したばかりの博多南線は、当時新幹線の西の終着だった博多から、那珂川市と春日市にまたがる車両基地までの回送線を活用して旅客線化したものである。新幹線の一部でありながら扱いは在来線であること、営業主体がJR西日本であること、全列車が「特急」扱いであること、特急料金は100円であることなど、当時としては異色ずくめの路線であった。


 博多駅の新幹線改札を「九州ワイド周遊券」を見せて通り抜け、13時08分発の列車に乗った。「こだま」用の0系電車6両編成で、車内は空いている。8.5kmを10分と新幹線車両らしからぬゆったりしたペースで走り、進行方向左手に留置線が広がって、13時18分、博多南に到着した。周遊券を見せて改札を抜け、駅の外に出る。小さな駅舎は盛り土の上にあり、開業に合わせて設けられたロータリーへは数十段の階段を降りる。駅舎には「祝・開業」の飾り付けがまだ残っていた。駅周辺には何もなかったが、今回の記事を書くにあたり、あらためてgoogleマップで確認すると、雑居ビルや住宅が広がり、駅舎と目と鼻の先を九州新幹線の高架が貫いている。


1990040304 1990040303  
 1時間ほど駅周辺をぶらぶらして、博多行きの列車に乗るため博多南駅の改札を抜けようとしたところで駅員に止められた。博多南線は「九州ワイド周遊券」では乗れないと言う。「博多南線は新幹線の一部ですからねえ」と言うのが駅員の弁だが、先に述べたとおり在来線の扱いで、時刻表にも新幹線の赤い線ではなく在来線の黒い線で描かれている。「それに博多南線はJR西日本ですから」と駅員は更に継ぐが、これとて周遊券には「九州内旅客鉄道会社線全線」と記されており、説明には無理がある。のちに正式にワイド周遊券でも乗車可能と整理されたようだが、開業からわずか3日でまだ現場も混乱していたとみえる。揉めるのも面倒なので190円きっぷと100円の特急券を買って列車に乗った。


Hakataminami  博多駅で一週間ぶりにTKさんと会い、西鉄バスで天神へ移動し、西鉄特急と普通列車を乗り継いで太宰府に着いた。行先はもちろん太宰府天満宮である。1年後に受験を控えている私にとっては鉄道以外では最も欠かすべからざる行先である。私よりひとつ年上で1年後にリベンジを控えているTKさんにとっても同様である。
 心字池の三つの赤い橋を越えて楼門を抜け、本殿で合格祈願。帰り道に神籤を引くと「吉」の文字が出た。だが肝心の学業の欄に目をやると、ひと言、
叶うが遅れる
と書かれていた。私は憮然として本殿を後にし、裏庭を抜けてお石茶屋で梅が枝餅を黙々と食べた。


 続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« コロナ下のJR北海道【1】 | トップページ | 1990年春・九州一周の旅【12】都井岬と日南海岸 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

50万アクセス、おめでとうございます!
夜行列車で移動できたワイド周遊券時代を経験できたことは、私もほんといい思い出です。
南線、乗り残しています^.^;;

投稿: キハ58 | 2020/10/06 20:53

アクセス50万件突破!!おめでとうございます。
凄いですね^^
私も時折旅の参考にさせていただいてます。
これからもお邪魔しますので宜しくお願いします。
次の目標は100万件? 頑張ってください^^

投稿: ミミ | 2020/10/10 11:14

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 四国は比較的早くに夜行列車がなくなってしまいましたが、九州と北海道は周遊券と夜行列車のおかげで無敵の若者旅が可能でしたね。列車の高速化と乗り心地の改良で肉体的には楽になりましたが、子供たちにああいう旅を楽しませてやれないことは残念に思います。
 博多南線、私もこの時以来乗っていません。今どうなっているか、気になっています。
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: いかさま | 2020/10/13 00:12

 ミミさん、いつもありがとうございます。
 他人様の参考になるような旅だとはどうにも思えないのですが(笑)、反面教師としてでもご活用いただければ幸いに存じます。
 100万件、これまでのペースだとあと8年以上ですね。それまでネタが続くでしょうか(笑)マイペースで頑張りたいと思います。
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: いかさま | 2020/10/13 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ下のJR北海道【1】 | トップページ | 1990年春・九州一周の旅【12】都井岬と日南海岸 »